土地の探し方 WEBサイトを活用する


土地探しの際、レインズという不動産会社の情報共有システムで、見れたら良いのですが、一般人は見ることが出来ません。
良い土地はすぐ売れるので、優先順位はここで書いた通り不動産屋に行って、出た、または出てきそうな土地を紹介してもらうことです。
ですが、もちろんその不動産屋が全部を網羅しているしているわけではありません。今回は私が土地を探した際、WEBでの探し方を紹介したいと思います。

検索するにあたって

不動産屋さんは1個人の為にレインズを毎日見てくれないと思います。よっぽど大きい案件だったり、仲の良い知り合いだったり等は別だと思いますが。
私が土地を探す際、勤め先の社長も少し前に土地を探しておられたので、飲みの席で土地を探している旨を話すと、不動産屋を紹介していただけました。
国内大手のデベロッパーで、社長経由ということもあって大変良くしてもらいました。
その人も含め、いった不動産屋で「1個人の為にレインズを毎日見ますか」と聞くと、全て答えはNoでした。
まぁ当たり前で、流石に毎日は見てもらえんでしょう。そして長期になって探していると余計に見てもらえなくなるわけで。
となれば自分で探す必要が出てきます。その方法は多くの場合、WEBになるでしょう。

検索サイト

不動産ジャパン
https://www.fudousan.or.jp/

  • 全国宅地建物取引業協会連合会「ハトマークサイト」
  • 不動産流通経営協会「ホームナビ」
  • 全日本不動産協会「ZeNNET」
  • 日本住宅建設産業協会「日住協NET」

公的で、上記で統合されている物件を一挙に公開しています。掲載数は他と比べ少ない印象です。
ですが、住まい探しの講座が掲載されていて、詳細な内容の講座になっており、探す所から受取まで網羅されているので一読の価値はあると思います。
相場や取引の動向のページも掲載されている点も良いと思います。

SUUMO
https://suumo.jp/

athome
https://www.athome.co.jp/

Home’s
https://www.homes.co.jp/tochi/

上記が民間のサイトになり、アプリも出ており通知を受け取ることが可能です。
掲載数も多いのですが、各業者が同じ物件で、個別に広告を出していたりで重複している場合も多々あります。

検索方法

最初に希望地域や金額等を決めて一覧を見たら、次からは新しく登録されたものと、更新があったものだけを見ます。
少し価格オーバーな物は登録しておいて、期間が経っても売れていないようであれば、下がる、下げてもらえる可能性はあるかと思います。
検索時に土地だけで検索するのではなく、中古一戸建てでも検索すると幅が広がって、尚良いです。築年数が古く
リフォームも無しで中古一戸建てで掲載されているものもあります。

通知

アプリかRSSで新着物件が来たら通知が来るようにしておくべきです。早いもの勝ちなので、良い物件はすぐ無くなります。
実際掲載日夕方には、申込みが入っていた事が何回かありました。サラリーマンの場合多くは、平日だとすぐ見に行けず辛い所ですが、すぐ動けるようにはしておきましょう。
通知は、水曜、土日は殆どありません。月曜日が多めな印象でした。

まとめ

WEB検索でのコツは

  • アプリがある所はアプリで登録し、通知が来るようにする。

不動産ジャパンは今の所ないので、毎日見に行くしかありません。実際見ていて、不動産ジャパンに載って、その後他のサイトと言った物件もそこそこありました。

  • 土地だけでなく、中古一戸建ても含めて検索する

不動産屋に頻繁に通っていた際、実際にレインズの画面を見れる事もあったのですが正直、WEBに載ってない物件に出会うことは殆どありませんでした。
希望の土地に合う為には根気よく探すしかないと思います。