土地の探し方 災害リスクを検討する

昨今の日本は地震に限らず、さまざまな災害に見舞われています。土地を選ぶ際、事前に調べておけば、ある程度避けることが出来るかと思います。
長く住むマイホーム、出来れば災害無しに過ごしたいのは皆共通かと思います。今回はハザードマップを見ることに焦点をあて
我が家の検討方法や項目を紹介します。

ハザードマップを活用する

ハザードマップポータルサイトを見ると、重ねるハザードマップでは各災害を重ねて、わがまちハザードマップでは、各市町村が作成したハザードマップを見ることができます。
双方で微妙に異なる箇所がありますので、両方見ることをおすすめします。

土砂、津波、水災

ハザードマップで対象の地域を避ければ、多くの場合、土砂、津波、水災に見舞うことはないかと思います。
ただ最近では、100年に一度の大雨も珍しくはありません。ハザードマップも100%でないでしょう。過信しないことが大切だと思います。

ハザードマップポータルサイト重ねるハザードマップより引用

これは大阪の津波リスクマップですが、画像中心の+点が大阪駅で、津波のリスクがあると初めて知りました。

水災

ハザードマップを見ていると、川の近辺は殆ど水災リスクがあると分かり、土地の高低差によっては、川から広範囲に水災リスクが広がっています。
また駅も水災の対象になっている箇所が多々みられます。水災の浸水については床下浸水程度であれば、対象地域でも

・盛土をする、高基礎にする

などで対応可能な場合があります。
水災は外水はん濫と内水はん濫があります。

姫路市内水ハザードマップについてより引用

外水はん濫は川からの水による災害ですが、内水はん濫は排水が追いつかず、マンホール等から溢れ出てしまった災害です。
川から離れている箇所でも見られ、高低差が高いところも対象で、私が探している地域ではいたるところに見られました。
利便性の良い地域が水災対象になっている場合もあり、そういった地域を避けると、土地探しに苦労する場合もあります。

リスクと利便性

災害を徹底的に避けたいのであれば、ハザードマップで安全な箇所に絞れば、多くの場合、災害に見舞うことはないと思います。
ただ、利便性の良い地域は、災害リスクが高いことが往々あります。
内水氾濫まで考慮すると、かなり場所が限定され我が家が探している市で見た場合「こんなの建てる所がない」という印象でした。
100年に1度の災害を恐れて、残りの99年を不便に過ごすか、毎日の利便性を取るのか、それはその人次第でしょう。
火災保険で程度によりますが、対応可能な事も頭に入れておくべきだと思います。
そもそも家を持つこと自体がリスクで、更に言うならば戸建てを選択すると、リスクは更に上がります。